【運営者情報】
海外用レンタルWi-Fi募集代理店
合同会社 東京六大陸
〒101-0021
東京都千代田区外神田6-16-3
国際6163ビル4F


<PR>旅行
トップ > 世界各国 Wi-Fi事情 > シンガポールのWi-Fi事情

シンガポールのWi-Fi事情

シンガポールwifi

シンガポールとwifi

シンガポール・イメージ1シンガポールは世界的にIT先進国となっており、家庭でのブロードバンド普及率は100%を超えています。しかし、通信速度においては日本の光回線ほどのスピードは出ない状況であり、また、シンガポールではプロバイダによって、通信が遮断されるなど通信品質が大きく異なります。そのため、シンガポールでは回線の太いプロバイダを選ぶ必要が出てきます。近年、シンガポールでも屋外で無線LAN接続をする人が増えてきており、2006年の12月からはシンガポール政府によって、Wireless@SGという無料wifiスポットを設置していくプログラムが始まりました。現在、シンガポールでは無料wifiスポットが全土に広がり、誰でもwifiが使える状況にあります。事前の登録をせずにこのwifiを利用するには、Wireless@SGのアカウントを空港などで入手する必要があります。シンガポールの空港では、インフォメーションセンターへ行けば、Wireless@SGのアカウントがもらえます。無料wifiはWIRELESS@SGに接続し、プロバイダ画面でアカウントを入力すれば使えるようになりますが、一つのアカウントで4時間までしか使えないので注意しましょう。

Wireless@SGの使い方

Wireless@SGの使い方についてご説明します。Wireless@SGを使うにはまず、wireless@sg Registrationというサイトでアカウントの登録をしなければいけません。こちらで名前や住所、生年月日、国籍などの入力項目に情報を打ち込んでアカウント登録となります。「NRIC/FIN」という項目にはパスポート番号を入力します。この後、携帯電話にユーザーIDとパスワードがメールで送信されてきます。実際にWireless@SGを使う場合は、ブラウザを立ち上げると初期画面が表示されます。そしてService Providerの欄でキャリアを選び、ユーザーIDとパスワードを入力し、認証が通ったらアクセスが可能になります。

Wi-Fi絞込み検索
【海外用Wi-Fi 絞込み検索】
渡航先

受取空港・受取方法



※絞込み検索結果ページへジャンプします。

wifi使用可能エリアの紹介

チャンギ空港

シンガポール・空港シンガポールの無料wifi使用エリアとしてチャンギ空港があります。チャンギ空港は、アジアのハブ空港として世界一のサービスと設備を有しています。市街地からのアクセスも良く、こちらの空港に深夜に到着しても24時間営業なので市内に出るうえで困ることもないでしょう。また旅行客のための施設が充実していることで有名です。バタフライガーデンでは蝶の観察を楽しむことができますし、無料の足ツボマッサージが受けられる施設もあります。もちろん、空港内にはレストランや有名ブランドショップも多く、Discover Singaporeというお土産ショップでは、マーライオンなどのシンガポールならではのお土産を買う事ができます。
空港全体で無料のWi-Fiが利用できる所も嬉しいポイントです。また、チャンギ空港のターミナル1から3までの2階の出発ホールでは、インターネットに繋がっているパソコンを無料で利用することができます。
ただ、チャンギ空港での無料wifiスポットの利用時間は、一人1回で15分までになっているので気をつけましょう。

観光案内所 シンガポール・ビジター・センター

シンガポール・マーライオンシンガポールに着いたときにまず行ってもらいたいのが、政府が運営している観光案内所のシンガポール・ビジター・センターです。場所はショッピングの中心地でもあるオーチャードロードに位置しており、ここでは観光に関する情報を無料で手に入れることができます。まずは、こちらで地図やガイドを入手すると良いのではないでしょうか。
また、シンガポール・ビジター・センターでは、インターネットに接続されたパソコンを無料で利用することもできます。誰でも自由に使うことができますが、一人あたり1回で15分までですので、調べ物は効率的に行なうことをお勧めします。

ショッピングセンター パラゴン

オーチャード・ロードには世界の有名なブティックが多く入っているショッピングセンターのパラゴンがあります。プラダやコーチ、トッズなどの有名ブランドのお店が入っており、お洒落なショッピングセンターと認知されています。また、パラゴンにはマーケット・プレイスというスーパーマーケットや、コーヒークラブというカフェ、子どもが遊ぶことのできるパラゴン・ジュニアというプレイスペースがあり、休日には多くの人で賑わう施設になっています。
そして、パラゴンではインターネットに接続ができるラウンジもあります。ショッピングセンターの3階にそのラウンジがあるのですが、一人1回につき20分まで使用することができます。初期の画面でUser nameの欄に「user」と入力すればこのラウンジのパソコンを利用できるようになります。

アイオン・オーチャード

オーチャードロードの新たな有名スポットに大型ショッピングセンターのアイオン・オーチャードがあります。アイオン・オーチャードには、高級ブランドなど350以上のショップが入っており、室内は広いため1階の案内カウンターで地図をもらうと良いです。また、案内カウンターの近くには観光案内所もあるので、知りたい情報があれば利用しましょう。アイオン・オーチャードの1階から3階には有名な高級ブランドが入っており、こちらでのショッピングの合間に休憩するときには2階のカフェを利用すると良いでしょう。4階にはフードオペラがあるので、食事をすることもできます。アイオン・オーチャードはMRTのオーチャード駅に直結しているので、交通の便も良い場所となっており、休日には若い人で溢れ、人気のスポットとなっています。

ウィスマ・アトリア

ウィスマ・アトリアは、人気ブランドや南国のカジュアル服まで幅広いファッションの店舗が揃うショッピングセンターで、無料Wi-Fiの「Wireless@SG」も利用できます。シンガポールの人が好むカラフルな服の店舗が充実していて、シンガポール発のブランドの靴の店舗も人気となっています。ウィスマ・アトリアの4階にはフードコートがあって、シンガポールのローカルフードが食べられることとレトロ調の内装が観光客に支持されています。

スターバックス

シンガポールでもスターバックスがあります。MRT ブギス駅直結のブギス・ジャンクションの1階に店舗があって、一息つける環境が用意されています。ブギス・ジャンクション店のコレクションタンブラーとマグカップは、マーライオン仕様になっている特徴があります。シンガポールのスターバックスでも無料wifiスポットが設置されていて、インターネット接続ができるようになっています。シンガポールのスターバックスでは、wifiスポットを利用する人が多いです。

マクドナルド

シンガポールのマクドナルドでも、無料のwifiを利用することができます。空港やホテル、ショッピングセンターなどに店舗があるマクドナルドですが、シンガポールではネットで注文ができるデリバリーサービスが行われています。シンガポールの人気メニューにはビーフ・ファン・タスティックという牛肉を挟んだライスバーガーがあります。また、フライドポテトやナゲットの味付けでは、チリソースやカレーソースなどの辛いものが用意されています。シンガポールのマクドナルドでは、日本とは違った味を楽しむことができます。

シンガポールのwifiに対する結論

シンガポールでは無料wifiスポットのWireless@SGの設置が行われてきましたが、まだ環境が整っているとは言えず、カフェやホテルに行っても利用できないことはあります。
シンガポールの中心地であるオーチャードロード付近ではカフェやファーストフードなどに無料wifiスポットがあり、wifi接続がしやすくなっていますが、中心地を外れるとwifiが使えないところもあるので注意が必要です。また、シンガポールのwifi接続環境やインターネット接続のスピードは、日本よりも劣っているようで、契約プロバイダによっては通信が不安定となる場合もあります。インターネットの接続料金も日本よりも高いようで、接続方法としてはADSLやケーブルが主に使われているようです。
シンガポールではまだまだwifiのスピードも早くなく、繋がらない場所も多いようです。いつでも安心してインターネットを利用するために、wifiのルーターをレンタルするのも良いのではないでしょうか。


【関連記事】
シンガポール用の海外Wi-Fiレンタル比較ページ
海外用Wi-Fiのレンタル比較 トップ
海外Wi-Fi レンタルセット一式のご案内